FC2ブログ
プロフィール

劇団SONICBOOM

Author:劇団SONICBOOM
劇団SONICBOOMは、筑波大学の一般活動団体です。

リンク

管理者ページ

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QRコード

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード

ソニっ子ブログ
劇団SONICBOOMは、筑波大学の一般活動団体です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気の毒なグルメ @ ごうしょう
「らっしゃい」

少し渋めのおっちゃんが穏やかな声で自分を迎える。
昼間のお店の雰囲気とはまた違った、なんとも心地の良い空気だった。

今は午前3時のちょっと前。良い子はお布団でぐっすりな時間だ。
そもそも、こんな時間にこんな所にくる予定ではなかったのだ。
稽古のあと、少しでも課題進めようかぁとか思ってしまったのが運の尽き。機室に入ったは良いものの、ろくに課題も進めずネットの海を泳いでしまったら、案の定こんな時間である。
これはいけないと機室を出て、寒いつくばで自転車をとばす。ふと24時間営業のラーメン屋が目に入った。

(いけない、いけない)

いくら明日が午後からの授業とはいえ、もうすぐ3時だ。こんな時間にラーメン屋に入るなど、愚の骨頂である。

(ちょっと中の様子をのぞくだけだ・・・)

誘惑には負けまいと心の中で唱えながら、ゆっくりと店に近づく。

(だめだ、だめだ、)

気づいたら店の戸を開けていた。

昼間とは違い大学生バイトではなく、いかにもラーメン屋なおっちゃんが僕を出迎える。
店内はちょっとやんちゃな感じの若者のグループが談笑し、冴えない感じの大学生が独り黙々とラーメンを食している。さすがは学生の街、そういった印象だ。

僕は慣れた動きで食券を買い、いつもと同じラーメン、いつもと同じトッピングを頼む。もともと昼間にくることは多い店。注文に体力を使う事もない。

深夜ラーメンとは、まさにクズ大学生だな。意味もなくツイッターを眺め、そうクズな自分に浸ってひたすらラーメンを待つ。

ぴぴぴぴぴぴ

タイマーがなり、僕の前にラーメンが出される。
こころなしか、いつものラーメンよりも発色が良いようだ。深夜効果だろうか。

さっそく箸を手にとり、麺をすする。

ずずずずず

んまい、やはりこの味だ。初めて食べたときはコテコテの豚骨スープにくどさを感じたが
なぜだか、また来たくなる味。(単にサービスのトッピング無料券につられているだけかもしれないが…)

さて、麺を堪能したらお次は味玉だ。僕はこれを食べにここに来ていると言っても過言ではない。

(これは・・・)

なんだろう。いつもの味玉よりどろっとしている。良いぬめりだ。
半分に割って片側をスープにつけ込み、もう片側を口に入れる。これは良い案配だ。良いどろどろだ。そのままでもうまいが、つけ込んだ方はもっとうまい。最高に贅沢なひとときである。

さて、次はどこに箸をのばそうか・・・。チャーシュー。やはりチャーシュー。もう待ちきれない。ずっと気になっていたんだ。僕の目の前に出されたときから、そのチャーシューは輝いていた。

はふはふ

これまた良い案配。柔らかすぎず、硬すぎず、絶妙。さすがはラーメンの具の王様だ。

んっ、んっ、んっ、んっ、

気づくと麺をたいらげ、スープを流し込んでいた。
いかんいかん、いくらクズ大学生と言ってもスープを飲み干すのは体に悪すぎるだろう。この時間にラーメン食べてる時点で健康も何もないと思うが、今更ながらの後ろめたさを感じた。

スマホを開くとディスプレイに午前3時とうつしだされている。さすがにまずい。
僕はそそくさとコートを着直し、おっちゃんに一声掛け店を後にした。

3時を過ぎた深夜のつくば。とても静かだ。
その静寂なか僕はラーメンのことを思い返し、物思いにふけった。
輝くスープ、どろっと味玉、絶妙チャーシュー。いずれにしてもいつものラーメンよりうまく感じた。これが、深夜の味。大人の味なのか。

「深夜ラーメン、恐るべし」

そう思った。


さてさて、そんなラーメンを堪能した僕ではあるが、家に帰ってとりあえず深夜ラーメンなどという暴挙にでたことを反省した。やはり、こんな時間に、ラーメンなぞという重いものを食べることは体に悪いのだ。ゴロゴロとうるさいお腹をさすりながら、トイレのなかでそう思う(劇団筑波小劇場からソニックに絶賛客演中な)ごうしょうなのであった。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sncbm.blog121.fc2.com/tb.php/660-78c64ca6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。