FC2ブログ
プロフィール

劇団SONICBOOM

Author:劇団SONICBOOM
劇団SONICBOOMは、筑波大学の一般活動団体です。

リンク

管理者ページ

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QRコード

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード

ソニっ子ブログ
劇団SONICBOOMは、筑波大学の一般活動団体です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のしあわせ、明日につなごう@ひかる
「は、は、はぁっくしょん!
 ……ブタクサか。」

いま、鼻水がぐずぐずしているんです。
花粉症のせいだとおもいたい。喉が痛いのも腰が痛いのも花粉のせいなんだよきっと。
ひかるです。
くしゃみがでます。誰かが噂してるんだよきっと。

花粉症の時期というのはお肌が荒れやすい。

というのも、環境の変化によって溜まるストレス、新歓つづきで寝不足、歓迎会での暴飲暴食、これら全部お肌によろしくない。
また、花粉というアレルギー物質が体内にたまると、他のアレルギー物質(猫とか蟹とか)に接した時に、アトピー性皮膚炎などの他のアレルギー症状を引き起こしやすいわけです。
かくいう私のお肌もアトピーでめっちゃ痒いわけです。
ぽりぽりかいちゃいます。肘の後ろとか、手首とか、ひざの裏とか、関節が特に荒れやすいです。
では、アレルギー症状には何が良いか?
まずは、お肌のケア。大事です。お風呂に入って化粧水をぬって乳液をつける、保湿はだいじです。
それから、温泉。めちゃくちゃ効果あります。2時間も温泉につかっていれば一発で治ります。汗をかいてデトックス効果、そして温泉そのものの効用もある。ただし、塩化ナトリウム系の温泉(海の近いところに多いですね。都内だと東京ドームシティラクーアとか)は、荒れた肌に染みて痛いので注意が必要です。黒湯系(都内だと蒲田の銭湯など)はアトピー肌に良い気がします。すべすべになります。

でも、それは、その場しのぎの解決策にしかなりません。

肌荒れの原因を取り除かねばならない。
一番の大敵は、ストレスです。
ストレスを減らすのに最もよいのが、ため込んだ感情を発散させること。

おもいっきり笑う、泣く、ドキドキする、キュンキュンする、そんな体験をすることが良いのです。

では、それは、どうしたら出来るのか?

……演劇があるじゃないか!


ゴールデンウィークの終わりに、新歓公演、やります!!!
5月5日(月・祝)19時~ 、6日(火・祝)13時~、17時~に、1E102教室にて!
新入生向けには、バラシ体験もあるようだぞ!

詳細は 公演情報をチェック だ!






宣伝をひとまず終えたところで。
もうちょっと話せってかんじですなんですよ、公演直前なわけですし。

演劇がねー私はねー大好きなんですよ。

この愛が伝わってると思う。私は好きなものには全力で好きってぶつかってくタイプですから。

さっきカツマタさんと演劇論を交わしていたので演劇語るもーどになってしまいました。
普段はみんな演劇人でも演劇の話しないですけどね。私は演劇の話するのが好きですよ。だって好きなんだもん、演劇。

役者がやりたいって言ったわりには、役者をひとつの芝居でちゃんと頭から終わりまで出て演じるのは、新人公演以来なんです。身体も感覚もなまってました。

私は良い役者ではないんです。

器用な役者というのは、演出家が指示したとおりにできる、どんな役でも憑依できる。ちょっと演出家が「あれやって」と言うと、瞬時にやってのけることができる。自分を役に寄せる演技法、自分というものを排して役になれるんです。

私は、いつまでも私以外の存在になれないんです。不器用な役者なんです。
理解できないことはできない。頭で考えないとできない。
ト書きに「怒る」と書いてあっても、その時に私が怒る気持ちになれないと、怒れない。
役を自分に引き寄せる演技法です。
恩師に「ひかるちゃんの自然な演技が好きよ」と励まされたことがあるのですが、だってそうなんだもの、自分が普段やってることしかできないんですもの。自然な演技じゃ困るんですよ、ほんとはね。
もっと面白いことや奇抜なことができる役者になりたかったですねー。
だいいち、このやり方だと、練習時間がめちゃくちゃかかる。
ちゃんと全ての言動を理解できて私のなかに役を落とし込めるようになるまで練習しないとならないので。
実際は、
時間は限られているわけだし、理解できようができまいが、インスタント演劇術として感情を自家発電して言われた通りやるのが、プロとしては良いのでしょう、けど、私たちがやってるのはアマチュアの学生演劇じゃないですか。
だから、役と一緒に考えて、学んで、成長していけたらいいと思ってます。
私は本当に才能もセンスもない、ただただ演劇への愛だけで演劇を続けている人間です。
だから、日々、いっぱい勉強しています。

今回の舞台で私が役者として個人的なテーマとしていたのが、身体を動かすこととアドリブ対応、そして、一緒に芝居を作るみんなと良好な関係を築くこと。
新年度、新しいソニック、これからも一緒に演劇をやっていく仲間のことを知って、関係を深めること。これが最も大事なテーマとして設定していました。
まずソニックの劇団員がいますし、今回は客スタッフさんもいらっしゃいます。応援して下さる方、観に来て下さる方もいます。その方々みんなと良好な関係を築きたいと私は思っております。

スーパーなマンの練習場、めちゃめちゃ仲良しでした。
コミュ障のソニックだから、やっぱり、ちょっとどこかずれてるんだけど、そのズレが良い方向に受容されている。
仲良しだけど、みんなバラバラ。バラバラだけど、みんな仲良し。

こんなことを思ってるのは周囲で私だけだと思うけど、
私は、みんなでおててつないでやりましょうっていうのが大嫌いで反吐が出ると思ってるクチなんです。
でも、
現在の状況はたいへん居心地がいいです。

あまりにも違いすぎていて、逆に仲がいい。そんなかんじです。
会話の8割がすれ違いだけど、話していて楽しい。
みんな正直者なんですよ。嘘付きだけど、自分の気持ちにだけは嘘ついていない。
ムジュンだらけですね。

私はあまり良い役者ではないけれど、
今回の公演は、
一緒に芝居を作っているみなさんと舞台の上でコミュニケーションして、コミュ障なりに全力で応えていこうと思っています。

そんなかんじでーす。


ああ、もっと練習時間が欲しかった。
どれだけ練習しても足りた気がしません。まだ足りない、足りない、絶対足りない。
もっとあの練習場にいたかった。
練習中は練習なんて大嫌いだしさっさと終われ早く公演終われと思ってるんですけどね、終わるころには、本番来るな公演終わるな練習場に行かせてくれと思ってます。今度もその例に漏れず。


まあ、もしゴールデンウィークのご予定があいていたら、私達SONICBOOMに会いに来てくださいね。
全力でお相手いたします。
歓迎の方法がいささか不器用ではありますが。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sncbm.blog121.fc2.com/tb.php/626-b9a71bdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。